テンアライドの株主優待が到着しました【2023年12月7日】

株主優待

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのぽこタンです。

テンアライドから嬉しい株主優待が届きました♪

 

スポンサーリンク

企業情報

テンアライド(8207)

HP:テンアライド株式会社 (teng.co.jp)

「旬鮮酒場天狗」「和食レストラン天狗」「テング酒場」「神田屋」「ミートキッチン log50」「てんぐ大ホール」の6業態の店舗において外食産業を運営。

 

株主優待制度

3月末、9月末
100株:株主ご優待券1,000円
500株:株主ご優待券5,000円
1,000株:株主ご優待券10,000円
1,500株:株主ご優待券15,000円

長期保有(1年以上)
3月末、9月末
1,500株:株主ご優待券3,000円追加

 

株式情報

時価総額:103億円(2023年12月7日時点)

売上高:94億円(2023年3月期実績)⇒112億円(2024年3月期予想)

株価:301円(2023年12月7日時点)

1株純資産:▲20.2円(2023年6月末時点)、PBR:債務超過ではないものの、優先株などの影響で1株純資産はマイナス

1株当期純利益:0.57円(2024年3月期予想)、PER:528倍

1株配当:無配(2024年3月期予想)、配当性向:無配

配当利回り:無配、株主優待利回り:7.9%(1年以上1,500株保有時)

株主数:26,701名

会計基準:日本会計基準

 

株主優待到着内容

「15,000円相当の株主ご優待券」

2023年9月末の権利分。

株主優待到着時点、株式は未保有ですが、1,500株以上を1年未満保有していたので、15,000円(500円×30枚)相当の株主ご優待券でした。

 

有効期限は、2024年6月30日。

「旬鮮酒場天狗」「テング酒場」「和食れすとらん天狗」「テング酒場」「神田屋」「ミートキッチンlog50」「てんぐ大ホール」「ジュークステーキ」「とんかつかんだ」「湊や磯吉食堂」全店で利用可。

インターネット等の通信販売、工場直売所では利用不可。

 

今回、「ミートキッチンlog50」「とんかつかんだ」「ジュークステーキ」あたりで利用しようと思います。

 

個人メモ

①株主数:26,701名。株主数が増え続けた場合、株主優待廃止や改悪リスクあり。

②筆頭株主は、社長の飯田永太さんで、飯田永太さんが代表を務める永幸の保有分も含めると、508万株、15.0%を保有。飯田博さんが代表を務める岡永が、第2位の株主で、144万株、4.2%を保有。元取締役の山内薫さんが、第3位の株主として、138万株、4.0%を保有。サッポロビールホールディングス(2501)の子会社のサッポロビールが、第7位の株主として、96万株、2.8%を保有。取締役の飯田健太さんが、第9位の株主として、40万株、1.2%を保有。

③SBI証券に、2023年12月18日を割当日として第2回新株予約権(行使価額修正条項付、600万株)を割当。行使価額は、直前取引日の終値の90%に修正。下限行使価額は216円だが、2024年1月18日以降、当社取締役会の決議により、下限行使価額の修正を行うことができる。但し、修正後の下限行使価額は、155円を下回ることはできず、かつ216円を上回ることはできないものとする。直前になされた修正から1ヶ月を経過していない場合、下限行使価額の修正はできない。権利行使期間は、2023年12月19日~2025年12月18日。
SBI証券の行使完了後に、拡充された株主優待の改悪リスクあり。

④2024年3月期第2四半期は、外食産業においては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた各種行動制限の影響が非常に限定的になったが、在宅勤務の増加や宴会の回避など、消費者のライフスタイルや行動が大幅に変化している。加えて資源の高騰や円安に伴う物価の上昇により、原材料費をはじめ人件費や水光熱費などの様々なコストの上昇が懸念されている。このため、厳しい経営環境は依然として継続している。

⑤当社は、「食を通して「驚き」と「感動」を」という企業理念を体現するために、良質な食材などの仕入、低価格による提供、人材教育、衛生管理を徹底してきた。また、店舗の営業についても消費者ニーズの変化に対応した業態への転換を進めると同時に、店舗オペレーションの効率化を目指した二毛作業態の開発・展開を実施している。加えて、多様化する消費者ニーズに対し、セントラルキッチンにおけるオリジナル製造品の外部販売などを実施している。以上の結果、売上高は、前年比125.0%の54億51百万円となった。利益面については、仕入原価や人件費の高騰により営業損失は10百万円(前年は営業損失9億18百万円)、経常損失は3百万円(前年は経常損失4億51百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失は32百万円(前年は親会社株主に帰属する四半期純損失5億1百万円)となった。なお、店舗数は、「旬鮮酒場天狗」5店舗、「和食れすとらん天狗」16店舗、「テング酒場」20店舗、「神田屋」33店舗、「てんぐ大ホール」21店舗、「ミートキッチンlog50」2店舗の合計97店舗(内フランチャイズ3店舗)。

 

おすすめポイント

①500円単位の株主ご優待券なので、1,000円未満の少額利用にも便利です。

②居酒屋だけではなく、「和食れすとらん天狗」や「てんぐ大ホール」などのレストランもあり便利です。

店舗によっては、ランチタイムに「とんかつかんだ」「ジュークステーキ」「湊や磯吉食堂」などを二毛作で営業しています。

④「ミートキッチンlog50」は、とても雰囲気のよい肉バルです。

ありがとうございました♪

 

2023年6月30日に到着したテンアライドの株主優待の内容についてはこちら↓

テンアライドの株主優待が到着しました【2023年6月30日】 | ぽこタンの株主総会日記 (fp-agm.com)

株主優待
スポンサーリンク
ぽこタンの株主総会日記
PAGE TOP