ケーズホールディングスの株主優待が到着しました【2023年12月6日】

株主優待

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのぽこタンです。

ケーズホールディングスから嬉しい株主優待が届きました♪

 

スポンサーリンク

企業情報

ケーズホールディングス(8282)

HP:ケーズデンキ -株式会社ケーズホールディングス/会社情報/IR情報/採用情報- (ksdenki.co.jp)

「ケーズデンキ」ブランドで家庭用電気製品小売業を運営。

 

株主優待制度

3月末、9月末
100株:株主ご優待券1,000円
500株:株主ご優待券3,000円
1,000株:株主ご優待券5,000円
3,000株:株主ご優待券10,000円
6,000株:株主ご優待券20,000円
10,000株:株主ご優待券30,000円

長期保有(1年以上)
3月末、9月末

100株:株主ご優待券1,000円追加
1,000株:株主ご優待券2,000円追加

 

株式情報

時価総額:2,657億円(2023年12月6日時点)

売上高:7,373億円(2023年3月期実績)⇒7,450億円(2024年3月期予想)

株価:1,328.5円(2023年12月6日時点)

1株純資産:1,567円(2023年9月末時点)、PBR:0.84倍

1株当期純利益:100円(2024年3月期予想)、PER:13.2倍

1株配当:44円(2024年3月期予想)、配当性向:44%

配当利回り:3.3%、株主優待含む利回り:6.3%(1年以上100株保有時)

株主数:60,662名

会計基準:日本会計基準

 

株主優待到着内容

「株主ご優待券5,000円」

2023年9月末の権利分。

1,000株以上3,000株未満を1年未満保有しているので、5,000円(1,000円×5枚)相当の株主ご優待券でした。

株式の平均購入単価は1,118円です。

 

有効期限は、2024年6月30日まで。

POSAカード(プリペイドカード)には利用不可。

1回の買い物で32枚(32,000円分)まで使用可。

本件の譲渡・売買は不可。

工事代金・修理・部品代金にも利用可(出張修理時の支払いを除く)。

 

個人メモ

①株主数:60,662名。株主数が増え続けた場合、株主優待廃止や改悪リスクあり。

②創業家で元取締役の加藤幸男さんが、第4位の株主で、500万株、2.8%を保有。創業家の加藤新次郎さんが、第5位の株主で、485万株、2.8%を保有。

③株主還元は、更なる資本効率の向上とPBRの改善を図るために機動的な資本政策を遂⾏する。総還元性向80%⽬標、機動的な⾃⼰株取得を検討する。配当性向40%⽬標、減配はしないよう、安定配当を⽬指す。ROE10%⽬標、安定的な利益の創出と効率的な⾃⼰資本の運⽤を⽬指す。

④2024年3⽉期第2四半期実績は、3年ぶり⾏動制限のないGWで旅⾏・帰省活況の⼀⽅で耐久消費財は振るわず。夏商戦は記録的な猛暑でエアコンが好調に推移するも、上期累計期間でのエアコンの売上は前年並みに留まる。電気代⾼騰・物価⾼から⽣活防衛意識が⾼まり消費マインドが低下、買い替えサイクルが⻑期化する傾向は前下期から続く。結果、上期計画⽐95.0%。

⑤2023年11月1日に、2024年3月期業績予想を下方修正。当第2四半期の業績は、売上高は、記録的な猛暑により夏商戦はエアコンが好調に推移したものの、電気代や物価上昇による生活防衛意識の高まりに起因する消費マインドの低下や買い替えサイクルの長期化などにより、当初予想を下回る見込みとなった。利益面は、販売費及び一般管理費の効率的な運用に努めたが、売上総利益の減少分をカバーするには至らず、営業利益、経常利益、および親会社株主に帰属する四半期純利益ともに当初予想を大きく下回る見込みとなった。通期の業績予想については、第2四半期までの業績動向も踏まえ、当初予想を修正。

 

おすすめポイント

①全国各地に多くの店舗があり、便利です。

②工事代金・修理・部品代金にも利用できるのは嬉しいポイントです。

次回も楽しみにしています。ありがとうございました♪

 

2023年7月3日に到着したケーズホールディングスの株主優待の内容についてはこちら↓

ケーズホールディングスの株主優待が到着しました【2023年7月3日】 | ぽこタンの株主総会日記 (fp-agm.com)

株主優待
スポンサーリンク
ぽこタンの株主総会日記
PAGE TOP