FPGの株主総会に出席しました【2024年3月1日】

株主総会
スポンサーリンク

FPG 臨時株主総会

日時:2024年3月1日(金) 11:00-11:20

場所:FPG本社(東京駅直結)

出席株主数:約30名

お土産:無し

 

企業概要

FPG(7148)

HP:株式会社FPG

①オペレーティング・リース事業案件の組成および管理ならびに投資家への匿名組合出資持分・任意組合出資持分・信託受益権の販売をおこなうことで手数料などの収益を得る「リースファンド事業」(売上構成比31%)、国内不動産を対象としたFPG信託の信託機能を活用した不動産小口化商品や海外不動産を対象とした集団投資事業案件を投資家に提供する「不動産ファンド事業」(売上構成比67%)、保険事業やM&A事業やプライベートエクイティ事業および航空事業などをおこなう「その他事業」(売上構成比2%)を運営。

筆頭株主は、社長の谷村尚永さんの資産管理会社のHTホールディングスで、谷村尚永さん個人での保有分を含めると、2,649万株、31.0%を保有。

 

株式情報

時価総額:1,698億円(2024年2月29日時点)

売上高:711億円(2023年9月期実績)⇒727億円(2024年9月期予想)

株価:1,907円(2024年2月29日時点)

1株純資産:517円(2023年9月末時点)、PBR:3.68倍

1株当期純利益:154円(2024年9月期予想)、PER:12.3倍

1株配当:77.5円(2024年9月期予想)、配当性向:50%

配当利回り:4.0%

株主数:29,760名

会計基準:日本会計基準

 

株主総会での個人メモ

①株主総会は、FPG本社内の会議室で開催。

②2024年9月期第1四半期は、リースファンド事業と国内不動産ファンド事業がけん引し、売上高243.9億円(前年比+69.7億円、+40.1%)、経常利益85.9億円(前年比+15.4億円、+21.9%)となり、いずれも四半期ベースでの過去最高を更新。

③リースファンド事業は、積極的な販売を推進した結果、出資金販売額が577億円(前年比+128億円、+28.5%)となり、四半期ベースでの過去最高を更新。CO2削減に関連したトランジション・ファイナンスに係る大型船舶案件を主体に積極的な組成を継続。

④国内不動産ファンド事業は、投資家の旺盛な需要が継続し、販売額が142億円(前年比+56億円、+66.8%)となり、第1四半期としての過去最高販売額を更新。過去最大の大規模案件である「FPGリンクス渋谷道玄坂」が完売し、累計販売額が1,600億円を突破。2023年12月に「FPGリンクス新橋」を組成。

⑤海外不動産ファンド事業は、投資家の強い需要の継続を受け、米国ハワイ州の第2号案件を完売。2023年10月に第3号案件となる米国テキサス州の大規模集合住宅を組成し、販売を開始。

オンリーユーエアが、2023年12月26日付けで、関係当局から航空事業に係る新たな認可を取得したことを受け、当社グループの顧客基盤の一つである個人富裕層および法人に向けて、プライベートジェット事業を展開することを2023年12月26日の取締役会にて決定。オンリーユーエアがプライベートジェット事業を営むためには、上記認可に加え、実機訓練や関係当局による運航管理施設等の検査に合格する必要があるが、想定より準備が前倒しで進捗している結果、2024年4月頃にプライベートジェット事業を開始することを予定。

⑦質疑応答で、「コスト面を考慮し、12月に開催した定時株主総会に、本議案(定款へのプライベートジェット事業の追加)を含めたほうが良かったのでは?」との質問あり。「指摘の通りだが、航空事業の認可