スター・マイカ・ホールディングスの株主総会に出席しました【2024年2月22日】

株主総会
スポンサーリンク

スター・マイカ・ホールディングス 第26回定時株主総会

日時:2024年2月22日(木) 10:00-11:35

場所:The Okura Tokyo オークラプレステージタワー(虎ノ門ヒルズ駅徒歩5分)

出席株主数:約20人

お土産:無し、ミネラルウォーターの配布あり

 

企業概要

スター・マイカ・ホールディングス(2975)

HP:スター・マイカ・ホールディングス株式会社 (starmica-holdings.co.jp)

①賃貸中の中古分譲マンション(ファンドなどを含む)に対して投資を行いポートフォリオとして賃貸運用しながらリノベーションなどにより不動産の価値を向上させて幅広い消費者層へ販売をおこなう「リノベマンション事業」(売上構成比98%)を中心に、投資リターン獲得を目的に不動産・事業会社・ファンドなど(リノベマンション事業の投資対象となる不動産およびファンドなどを除く)への投融資をおこなう「インベストメント事業」(売上構成比0%)、不動産の売買・賃貸仲介、賃貸・建物管理および金融・不動産分野におけるコンサルティングなどの「フィー(手数料)ビジネス」をおこなう「アドバイザリー事業」(売上構成比2%)を運営。

筆頭株主は、社長の水永政志さんで、1,170万株、35.0%を保有。
ノルウェー政府が、第9位の株主として、60万株、1.8%を保有。

 

株式情報

時価総額:180億円(2024年2月21日時点)

売上高:488億円(2023年11月期実績)⇒541億円(2024年11月期予想)

株価:531円(2024年2月21日時点)

1株純資産:693円(2023年11月末時点)、PBR:0.76倍

1株当期純利益:83.8円(2024年11月期予想)、PER:6.37倍

1株配当:21円(2024年11月期予想)、配当性向:25%

配当利回り:3.9%

株主数:5,712名

会計基準:日本会計基準

 

株主総会での個人メモ

①事業報告は割愛され、ほぼ質疑応答に時間を費やしていた。

②当社グループの属するリノベーションマンション業界においては、公益財団法人東日本不動産流通機構によると、2023年11月度の首都圏中古マンションの成約件数は2,900件(前年比3.7%増)と6カ月連続、成約㎡単価は74.98万円(同7.6%増)と43カ月連続、成約価格は4,731万円(同7.1%増)と42カ月連続でそれぞれ前年同月を上回っている。なお、首都圏中古マンションの在庫件数は、2021年6月(33,641件)以降復調傾向にあり、2023年11月は46,993件と新型コロナウイルス感染症拡大前の水準(2020年2月(47,423件))に近づきつつある。

③当連結会計年度においては、不透明な市況においても堅実な成長を目指し、リノベマンション事業における営業エリア深耕や、子会社仲介機能拡充による、積極的な物件購入および安定的な販売物件供給に注力した。また、財務基盤の強化および人材の採用、育成にも注力し、経営基盤の強化に取り組んできた。この結果、当社グループ全体で売上高48,877,556千円(前年比1.4%増)、売上総利益8,422,044千円(同13.7%減)、営業利益4,846,206千円(同20.5%減)、経常利益3,921,299千円(同27.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益2,664,239千円(同28.2%減)と増収減益となった。

④リノベマンション事業は、物件購入を継続し保有物件数が増加し