アマナの株主総会に出席しました【2023年12月25日】

株主総会
スポンサーリンク

アマナ 臨時株主総会

日時:2023年12月25日(月) 13:00-14:10

場所:品川グランドセントラルタワー(品川駅徒歩5分)

出席株主数:約30名

お土産:無し

 

企業概要

アマナ(2402)

HP:株式会社アマナ | amana inc.

①写真・CG・映像・イラストレーションなど視覚から訴求するものをビジュアルと総称し、これらビジュアルを活用したコミュニケーション・プランの企画立案、コミュニケーション・コンテンツの企画制作など、受託する案件の特性に応じて、多様なクリエイティブサービスを単独または組み合わせて価値提供するビジュアルコミュニケーション事業を運営。その事業領域を狭義の企業の広告マーケットのみに限定せず、より広義の企業のコミュニケーションマーケットと設定するなかで、コミュニケーション領域における戦略・企画立案、ブランドの構築、インナーコミュニケーション、マーケティング活動など多岐にわたる。

筆頭株主は、社長の進藤博信さんで、99万株、18.9%を保有。
プラットフォーム事業などを手掛けるカルチュア・コンビニエンス・クラブが、第2位の株主として、56万株、10.6%を保有。
写真サービス事業などを手掛ける堀内カラーが、第4位の株主として、8万株、1.5%を保有。
倉庫業などを手掛ける寺田倉庫が、第6位の株主として、7万株、1.3%を保有。
事務用品最大手のコクヨ(7984)が、第9位の株主として、3万株、0.6%を保有。

③2018年に、海外連結子会社の従業員の人件費および外注費の支払いに際して用いるべき勘定科目の処理やそれに伴う公租公課の処理などに関して不適切な会計処理問題が発生。
2020年に、連結子会社のアマナデザインの役職者による売上高の架空計上、売上高および外注原価の期間帰属の誤りの問題が発生。
2022年に、当社従業員による売上の水増しや架空計上の不適切な取引問題が発生。
ガバナンス上の問題が継続して発生。

2023年9月20日に、事業再生ADR手続(産業競争力強化法に基づく特定認証紛争解決手続)の正式申込をおこない受理される。2024年1月下旬に上場廃止予定。

事業再生ADR
経営破綻した、あるいは経営破綻の危機に瀕した企業を救済する「債務整理」手続きのひとつ。民事再生や破産などの法的手続きとは異なり、裁判所を介さずに金銭債権者などと債務者との合意