オリエンタルコンサルタンツホールディングスの隠れ株主優待が到着しました【2023年11月30日】

隠れ優待

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのぽこタンです。

オリエンタルコンサルタンツホールディングスから隠れ株主優待が届きました♪

 

スポンサーリンク

企業情報

オリエンタルコンサルタンツホールディングス(2498)

HP:株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングス (oriconhd.jp)

社会環境整備に関わる事業の知的サービスを提供するグローバルな総合コンサルタントなどをおこなう「インフラ・マネジメントサービス事業」(売上構成比82%)を中心に、地質・土質調査や環境・環境浄化や構造物調査・リニューアルなどをおこなう「環境マネジメント事業」(売上構成比15%)、建設マネジメントや計測制御や資産管理などに関する多様なITソリューションの提供などをおこなう「その他事業」(売上構成比3%)を運営。

 

株主優待制度

6月末(1年以上)
100株:クオカード500円分
600株:クオカード3,000円分
1,000株:クオカード5,000円分

6月末(5年以上)
1,000株:クオカード10,000円分へグレードアップ

 

株式情報

時価総額:163億円(2023年11月30日時点)

売上高:781億円(2023年9月期実績)⇒790億円(2024年9月期予想)

株価:2,662円(2023年11月30日時点)

1株純資産:3,652円(2023年9月末時点)、PBR:0.72倍

1株当期純利益:428.8円(2024年5月期予想)、PER:6.2倍

1株配当:100円(2024年9月期予想)、配当性向:23%

配当利回り:3.7%、株主優待含む利回り:4.1%(5年以上1,000株保有時)

株主数:2,869名

会計基準:日本会計基準

 

隠れ株主優待到着内容

「クオカード500円分」

2023年9月末の権利分として、議決権を保有している株主に対するアンケートへの御礼です。

2023年10月24日に、「株主様アンケートへのご協力のお願い」が届いていました。

同封されていたアンケートハガキを2023年11月13日必着で回答した株主に進呈。

株式の平均購入単価は2,648円です。

 

個人メモ

①株主数:2,869名。株主数が増え続けた場合、株主優待廃止や改悪リスクあり。

②社会インフラに関わるコンサルタントなどをおこなうパシフィックコンサルタンツが、第2位の株主として、33万株、5.5%を保有。住友不動産(8830)が、第3位の株主として、29万株、4.8%を保有。橋梁の総合建設を手掛けるオリエンタル白石(1786)が、第4位の株主として、25万株、4.1%を保有。

③2023年8月4日に、2023年2月27日から行われた連結子会社であるオリエンタルコンサルタンツ(OC)に対する定期税務調査において、協力会社(下請業者)への委託費および経費について、協力会社の役務提供を受けた案件ではなく、別の案件に計上している(原価付け替え)との指摘を受け、同年4月27 日からのOC社内調査、並びに、同年7月18日からの弁護士および公認会計士などの外部専門家による原価付け替えの実態把握のための調査の結果、複数の拠点において原価付け替えが行われていたこと、また、売上の前倒し計上の疑義もあること、これらが過年度においても行われていた疑義があることが判明。特別調査委員会を設置。調査報告書に示された要因は、経営陣や幹部職員に不適切な会計処理の防止に関する意識が不足していたこと、経営陣と現場との間にコミュニケーションの乖離があったことによるとの説明。

④売上高、営業利益、当期純利益で過去最高を更新。営業利益は12期連続で増益を達成。1株当たり配当は、過去最高の100円、10期連続増配で、9年で約10倍、直近2年で倍増。受注残高は、前期比で58億円(4.1%)増加し、1,505億円。国内は、防災・減災関連業務や維持管理業務などが堅調に推移。「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」などによる公共事業の執行により、当面良好な受注環境が継続。海外は、開発途上国でのインフラ整備の需要は依然旺盛で良好な受注環境。
2024年9月期通期業績見通しは、売上高、営業利益とも当期実績を上回る過去最高の業績を計画。当期に計上した為替差益3.2億円を来期計画には見込まず、経常利益、当期純利益は減益。

⑤2030年ビジョン・中期経営計画は、2026年9月期に、売上高870億円、営業利益48億円。2030年9月期に、売上高1,100億円、営業利益70億円。
2023年3月31日に、東京証券取引所が「PBR1倍割れは、資本コストを上回る資本収益性を達成できていない、あるいは、成長性が投資者から十分に評価されていないことが示唆される1つの目安」と指摘。オリエンタルコンサルタンツホールディングスは、1株当たり純資産3,652円に対し、株価が2,662円(2023年11月30日時点)、PBR0.72倍と低迷しており、PBR1倍達成に向けた施策が求められる。

 

おすすめポイント

シンプルなデザインのクオカードでした。有効期限が無いので便利です。

ありがとうございました♪

隠れ優待
スポンサーリンク
ぽこタンの株主総会日記
PAGE TOP