エステールホールディングスの株主優待が到着しました【2023年11月13日】

株主優待

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのぽこタンです。

エステールホールディングスから株主優待が届きました♪

 

スポンサーリンク

企業情報

エステールホールディングス(7872)

HP:ESTELLE HOLDINGS CO.,LTD. | 日本最大級のジュエリー店舗網 製造から販売までの一貫体制

エステールやミルフローラなどのブランドで指輪やネックレスなどの製造販売をおこなう「宝飾品」(売上構成比84%)を中心に、T.G.C.(Tokyo Glass Company)で眼鏡の製造販売をおこなう「眼鏡」(売上構成比9%)、こととややVILLAGE VANGUARD DINERで食品の販売や飲食店の運営をおこなう「食品販売・飲食店」(売上構成比7%)を運営。

 

株主優待制度

3月末
100株:株主優待カード
500株:株主優待カード、株主お買い物券2,000円
1,000株:株主優待カード、株主お買い物券4,000円、10,000円相当の商品
5,000株:株主優待カード、株主お買い物券10,000円、10,000円相当の商品
10,000株:株主優待カード、株主お買い物券20,000円、10,000円相当の商品

9月末
100株:クオカード500円分

 

株式情報

時価総額:71億円(2023年11月13日時点)

売上高:296億円(2023年3月期実績)⇒322億円(2024年3月期予想)

株価:624円(2023年11月13日時点)

1株純資産:1,274円(2023年9月末時点)、PBR:0.48倍

1株当期純利益:61.1円(2024年3月期予想)、PER:10.2倍

1株配当:27円(2024年3月期予想)、配当性向:44%

配当利回り:4.3%、株主優待含む利回り:6.5%(1,000株以上保有時)

株主数:5,810名

会計基準:日本会計基準

 

株主優待到着内容

「クオカード500円分」

2023年9月末の権利分。

100株以上を保有しているので、クオカード500円分でした。

株式の平均購入単価は635円です。

 

個人メモ

①株主数:5,810名。株主数が増え続けた場合、株主優待廃止や改悪リスクあり。

②筆頭株主は、社長の丸山雅史さんの資産管理会社の雅コーポレーションで、355万株、33.4%を保有。貴金属製品の製造・販売を手掛ける桑山が、第2位の株主として、73万株、6.9%を保有。

③2024年3月期第2四半期実績として、売上高は、増加するも十分な回復に至らず、150億56百万円(前年同期比8.0%増)となった。営業損益は、原価率の増加や、家賃や販促費、人件費などの販売費及び一般管理費の増加により3億65百万円の損失(前年同期は2億70百万円の損失)となり、経常損益は、海外子会社における為替差益などにより1億90百万円の損失(前年同期は43百万円の損失)となった。親会社株主に帰属する四半期純損益は、1億8百万円の損失(前年同期は4百万円の損失)となった。
宝飾品は、外部顧客への売上高は、70周年記念キャンペーンなどお客さまとのコミュニケーションを強めていく取り組みを強化し進めたが、126億1百万円(前年同期比7.7%増)となり、セグメント損益は、原価率の増加や家賃、販促費など販売費及び一般管理費の増加により、1億81百万円の損失(前年同期は1億54百万円の損失)となった。眼鏡は、外部顧客への売上高は、店頭での打ち出し等の見直しや人材育成などを強化したが、13億12百万円(前年同期比1.1%増)となり、セグメント損益は、原価率の増加や新規出店に伴う費用など販売費及び一般管理費の増加により、18百万円の損失(前年同期は25百万円の利益)となった。食品販売・飲食店は、外部顧客への売上高は、よりオリジナリティのある商品開発に取り組むなど、マーケットの変化に対応したが、11億42百万円(前年同期比22.4%増)となり、セグメント損益は、原価率の増加や新規出店に伴なう費用など販売費及び一般管理費の増加もあり、1億67百万円の損失(前年同期は1億44百万円の損失)となった。

④2023年11月9日に、株主優待制度の変更(拡充)を発表。2024年3月末より、100株以上保有の株主に対し、株主優待カードを新規贈呈。食品販売店にて税込1,000円以上の購入で10%OFF(書籍および一部特価品など対象外商品もあり)。飲食店にてメニュー全品20%OFF(ランチなど、タイムサービス商品は対象外)。

⑤2023年3月31日に、東京証券取引所が「PBR1倍割れは、資本コストを上回る資本収益性を達成できていない、あるいは、成長性が投資者から十分に評価されていないことが示唆される1つの目安」と指摘。エステールホールディングスは、1株当たり純資産1,274円に対し、株価が624円(2023年11月13日時点)、PBR0.48倍と低迷しており、PBR1倍達成に向けた施策が求められる。

 

おすすめポイント

「クオカード」は、花柄のシンプルなデザインのクオカードでした。有効期限が無いので便利です。

ありがとうございました♪

 

2023年7月3日に到着したエステールホールディングスの株主優待の内容についてはこちら↓

エステールホールディングスの株主優待が到着しました【2023年7月3日】 | ぽこタンの株主総会日記 (fp-agm.com)

株主優待
スポンサーリンク
ぽこタンの株主総会日記
PAGE TOP