ウイン・パートナーズの株主優待が到着しました【2023年7月3日】

株主優待

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのぽこタンです。

ウイン・パートナーズから株主優待が届きました♪

 

スポンサーリンク

企業情報

ウイン・パートナーズ(3183)

HP:ウイン・パートナーズ株式会社 (win-partners.co.jp)

心筋梗塞や狭心症の治療に使用されるカテーテルなどの医療機器販売をおこなう「虚血性心疾患関連」(売上構成比23%)、不整脈の治療に使用される医療機器の販売をおこなう「心臓律動管理関連」(売上構成比26%)、心臓疾患を治療するための外科手術の際に使用される医療機器の販売をおこなう「心臓血管外科関連」(売上構成比16%)、末梢血管や脳血管の疾患を治療するために使用される医療機器の販売をおこなう「末梢血管疾患関連及び脳外科関連」(売上構成比10%)、放射線科や手術室などで使用される医療機器の販売をおこなう「医療機器関連」(売上構成比12%)、インスリンポンプや持続血糖測定器などの医療機器の販売をおこなう「その他」(売上構成比13%)を運営。

 

株主優待制度

3月末
100株:1,000円分のクオカード

 

株主優待到着内容

「1,000円分のクオカード」

2023年3月末の権利分。

100株以上保有しているので、1,000円分のクオカードでした。

株式の平均購入単価は1,000円です。

 

個人メモ

①株主数:18,948名。株主数が増え続けた場合、株主優待廃止や改悪リスクあり。

②筆頭株主は、社長の秋沢英海さんが取締役を務めるオフィスAで、秋沢英海さんの個人での保有分も含めると、640万株、22.5%を保有。取締役の秋田裕二さんが代表を務めるキエマ企画が、第3位の株主で、秋田裕二さんの個人での保有分を含めると、360万株、12.6%を保有。

③医療機器商社は、1,000社以上が存在する、細分化された市場。当社事業の特色は、独立系の医療機器商社で、取引先メーカー89社、顧客病院461施設。東北エリアでの更なるシェア拡大のため、岩手県を基盤とする株式会社トーセイメディカルをグループ化。

④取扱製品の特徴は、取扱製品の多くがメーカーからの貸出品で、在庫リスクが低い。取扱製品の多くで、2年に一度価格が改定される「保険償還価格」改定の影響がある。

⑤医療業界においては、増加し続ける医療費を背景に医療制度改革が実施されており、効率的で質の高い医療提供体制の構築等が進められている。これにより医療機関においては、経営の合理化・効率化が重要課題となっており、とりわけ2024年に開始される医師の働き方改革への対応に向けた取り組みが喫緊の課題となっている。その中で、医療現場においては、人手不足が常態化していることに加え、電力費用や物資価格の高騰の影響などから、厳しい環境が続いている。そのため、納入業者に対する値下げ要請や大学系列病院・グループ系列病院等で商品の集約化や価格の統一化の動きはますます強まってきている。

 

おすすめポイント

「クオカード」は、ウイン・パートナーズのロゴ入りのオリジナルクオカードでした。有効期限が無いので便利です。

ありがとうございました♪

 

2022年7月1日に到着したウイン・パートナーズの株主優待の内容についてはこちら↓

ウイン・パートナーズの株主優待が到着しました【2022年7月1日】 | ぽこタンの株主総会日記 (fp-agm.com)

株主優待
スポンサーリンク
ぽこタンの株主総会日記
PAGE TOP