東京一番フーズの株主総会に出席しました【2022年12月23日】

株主総会
スポンサーリンク

東京一番フーズ 第24回定時株主総会

日時:2022年12月23日(金) 10:00-10:50

場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー(新宿駅徒歩1分)

出席株主数:約10人

お土産:無し

 

企業概要

東京一番フーズ(3067)

HP:株式会社 東京一番フーズ|コーポレートサイト (tokyo-ichiban-foods.co.jp)

①とらふぐ亭、ふぐよし総本店、魚の飯、魚王KUNI、寿し常などの飲食店を運営。養殖まぐろ、とらふぐなどの外販事業も育成中。

筆頭株主は、社長の坂本大地さんの資産管理会社のなにわで、坂本大地さんの個人の保有分を含め、454万株、51.0%を保有。
取締役の良川忠必さんも、第4位の株主として、8万株、1.0%を保有。

社長の坂本大地さんの意思一つで物事を決められるオーナー企業

④2022年12月13日のIRにて、「社長の坂本大地さん、および、坂本大地さんの資産管理会社のなにわが、流通株式時価総額の拡大によりプライム市場の上場維持基準への適合を実現することを目的として、立会外分売で44.8万株を売却し、議決権数が46.0%となった」と発表。

株主優待(3月末、9月末)
500株:株主様ご優待券1枚
1,500株:株主様ご優待券2枚
2,500株:株主様ご優待券3枚
3,500株:株主様ご優待券4枚
4,500株:株主様ご優待券5枚

※株主様ご優待券は、下記商品から1点選択
1枚:泳ぎとらふぐコース一人前、炭火焼ふぐ特別プラン(玄海)一人前(期間限定)、魚沼産コシヒカリ2kg
2枚:全国お取り寄せ「くつろぎ」セット(3〜4人前)

 

株主総会での個人メモ

①株主総会開会前まで、東京一番フーズのイメージ映像が放映されていました。会社に親近感が湧きました。

②事業報告は、社長の坂本大地さんが、映像やスライドは使用せず、手元の資料を読み上げるだけの対応でした。BtoCの会社なので、自社の店舗や強みを紹介したり、もっと株主(消費者)に対して自社をPRをしたほうがように感じました。

③助成金収入が約6.1億円あり、純利益が1.2億円となった。2023年3月まで延長される助成金の収入が無くなった後に、どこまで利益を出せるのか注視します

④質疑応答では、株主の質問が終わると、全ての質問に対して、社長の坂本大地さんは即答せず、事務局のメモを待ってからの回答対応でした。印象がよくないので、会